ビットコイン投資家へ!税制面で不利!暗号資産はガチの余剰資金でやろう!

“Time is Life”

あべし①

こんにちは、あべし(@abec_times)です!

“Time is Life”が浸透して欲しい!!

この想いがあなたに届くことを願って、活動を続けています!

あべしのプロフィールはコチラをご覧ください!

電球

この記事はこんな方におすすめです!!

  • 仮想通貨投資に興味がある!
  • 暗号資産投資に興味がある!!
  • ビットコイン投資に興味がある!!!

本記事は以下の点について書かれています。

記事のサマリー

結論、ガチの余剰資金でやろう!もしくはやらない!

100万円とか余裕で減る!

税制面で不利!

どうしてもやりたい場合は!?

短期トレードは相関の高い株式で代用!

ビットコイン投資家へ!ガチの余剰資金でやろう!

結論から言うと、ビットコインなどの暗号資産投資(投機)はガチの余剰資金でやろう!ということです。

以下の理由から、「ガチの余剰資金でやる」「暗号資産へは資金を入れない」ということを推奨します。

  • 値動きが激し過ぎる
  • 税制面で不利

そして、暗号資産への投資(投機)をどうしてもやりたい場合は、以下の2点をおすすめしたいです!

  • ガチの余剰資金でやる         ※必須
  • 値動きの相関が高い「株式」で代用する ※短期トレードでおすすめ!

初心者が”気軽に”手を出すと痛い目を見ます!!

ハイリスク・ハイリターンを体現している暗号資産投資(投機)の”怖さ”を少しでも知って頂ければ幸いです。

ビットコイン暴落!100万円とか余裕で溶ける!

ビットコインの暴落は日常茶飯事です。

下記をご確認ください。

2021年5月末時点でのツイートです。

いかがでしょうか。

100万円とか余裕で溶けます。

あなたはこのようなときに、メンタルを正常に保てますか!?

ビットコイン投資(投機)は税制面で不利!

ビットコイン(暗号資産)の取引は、株式などの取引と比較して税制面で不利です。

超簡単におさらいしておきましょう。

ビットコイン(暗号資産)の税制

雑所得に分類される!

損益通算できない!

繰り越し控除ができない!

ビットコインの利益は雑所得

雑所得が20万円を超える場合は確定申告が必要になります!

そして、ビットコイン(暗号資産)で得た利益は雑所得に分類されます。

雑所得の特徴は以下の通りです。

  • 総合課税
  • 累進課税
  • 損益通算できない
  • 損失の繰越控除ができない

特に、後半2つは大きな特徴です。

株式の取引と比較した場合は、税制面で不利ということが分かります。

雑所得について詳細に知りたい場合は、国税庁のホームページをご覧ください!

特に、暗号資産に関する課税関係はコチラをご確認ください! ※国税庁のホームページです

ビットコイン(暗号資産)は損益通算ができない!

ビットコインは損益通算ができません。

損益通算とは、他の所得から赤字の所得を差し引くことを言います。

ビットコインの赤字を損益通算できるのは、総合課税の雑所得のみであり、他の所得と損益通算することができません!

副業をやっていない個人(会社員)の場合、基本的に損益通算はできないと覚えて頂いて問題ないかと。

※他の雑所得がある場合は、雑所得内で損益通算することができます。

ビットコイン(暗号資産)は繰り越し控除ができない!

ビットコインは繰り越し控除ができません。

繰り越し控除とは、現在発生した損失を翌年以降に繰り越して控除対象とすることを指します。

例えば、株式の売買によって生じた損失は3年繰り越すことができます。

しかし、ビットコインによって発生した損失は翌年以降に繰り越しすることができません。

仮に、ビットコインによって100万円の損失が発生しても、翌年以降に100万円の損失を繰り越すことができないのです…。

以上の点から、株式などの取引と比較した場合、ビットコイン(暗号資産)は税制面で不利ということが分かります。

どのようにビットコイン投資(投機)をすべきか!?~長期編~

では、どのようにビットコイン(暗号資産)へ資金を投入すればよいのでしょう!?

冒頭でも述べましたが、「ガチの余剰資金でやる」「暗号資産へは資金を入れない」ということをおすすめします。

ここではどうしてもビットコイン投資(投機)をやりたい方のために、マシな方法をいくつか紹介します。

ビットコイン投資(投機)のコツ 長期編

ホントになくなってもイイ「ガチの余剰資金」でやる!

暴落時に”少しずつ”買い込んで一生ホールド!

ホントになくなってもイイ資金でやる!※最重要

最も大切なことなので、何度でも言います。

ホントになくなってもイイ、「ガチの余剰資金」でやりましょう。

値動きが半端ないですし、特定の個人が一言ツイートするだけで大騒ぎです。

※誰とは言いませんが…🤣🤣🤣

そんなモノにあなたの大切な資金を投入して大丈夫ですか!?

真面目に働いて、コツコツと積立投資していれば老後資金は十分に形成できます。

もう一度考え直してください。

こんな思いをしてまでビットコイン投資(投機)をしたいですか??

https://twitter.com/abec_times/status/1395333014733824000

暴落時に”少しずつ”買い込んで一生ホールドする

再三再四言ったにもかかわらず、ビットコイン投資(投機)をしたい方。

まったく…もう。。

どうしてもやりたい方は、「暴落時に”少しずつ”買い込んで一生ホールド」という戦略を推奨します。

※最低でも、先述の「ガチの余剰資金」でやるという点は守ってください。

ビットコインの暴落は珍しくありません。

しかし、その後値動きが安定する局面があります。

そのようなときに、”少しずつ”資金を投入して一生ホールドしましょう。 

※どんなに多くても1万円以下に抑えるのがイイと思います

税制が整うか、どうしてもお金が必要になるまで気絶していれば問題ありません。

まあ、「ガチの余剰資金」でやっているはずなので大丈夫ですよね!?🤣🤣

ちなみに、あべしはコインチェックを使っています!初心者さんに最もおすすめ!

コインチェック
  • 見やすい
  • 使いやすい
  • 開設しやすい
  • 手数料ゼロ ※ビットコイン他の「取引所」での取引に限る

どのようにビットコイン投資(投機)をすべきか!?~短期編~

これでもかと注意喚起したにもかかわらず、短期でトレードしたい方。

税制面でも不利だし、値動きが半端ないんですよ!?

分かってますか!?

もう…本当にどうしようもないですね。🤣🤣

まず、「ガチの余剰資金でやる」という点は、長期の場合と同じです。

ビットコイン投資(投機)のコツ 短期編

ホントになくなってもイイ「ガチの余剰資金」でやる!

短期トレードは相関が高い株式で代用する!

短期トレードは相関が高い株式で代用する!

そんなあなたは、ビットコインと相関が高い株式で代用しましょう。

※ビットコイン価格と同じような値動きをする株式

ビットコイン短期トレードおすすめ銘柄①:マネックスグループ【8698】の株式

ビットコインの短期トレードをしたい場合、マネックスグループ【8698】の株式で代用することをおすすめします。

ビットコイン取引のプラットフォーム、「コインチェック」を運営しています。

ビットコインの価格変動と相関が高い銘柄の1つです。

株式であるため、税制面で不利というデメリットはありません。

損益通算もできるし、繰り越し控除の対象にもなります。

勿論、完全に同じ値動きをするわけではないので、注意は必要です。

特に最近は、相関係数がマイナスの値を記録しています。

しかし、税制面での不利を考慮した場合、マネックスグループ【8698】の株式で短期トレードをした方がマシだと考えます。

ビットコイン短期トレードおすすめ②:コインベース【COIN】の株式

ビットコイン短期トレードにおけるもう1つのおすすめ株式が、コインベース【COIN】の株式。

こちらもビットコイン取引のプラットフォーム、「コインベース」を提供している企業です。

先述のマネックスグループ【8698】より高い相関があると分かります。 ※サンプル期間が短い点は考慮してください

しかし、マネックスグループ【8698】に加えて注意する点があります。

  • IPOして間もない           ※値動きが激しい
  • 日本の証券口座だとショートできない ※海外証券口座をもっていればその限りではない

株式で代用する場合の注意

双方に共通して注意すべき点がもう1つ!

ビットコインETFが承認されるか否か! ※最重要

ビットコインETFが承認された場合、上記2銘柄の株価は暴落する公算が高いです。

なぜなら、両社ともビットコイン取引の手数料で儲けているから!

株式のようにビットコインが売買できれば、取引所なんて要らないですよね!?

余談ですが、ビットコイン以外の暗号資産(通称:アルトコイン)売買はおすすめしません。

なぜなら、ビットコイン以上に価格変動が激しいから。

別途記事にまとめることにします。 ※執筆中

繰り返しになりますが、ビットコイン投資(投機)などしなくても、十分に老後資金は形成できます。

あなたが「持たざるリスク」を考えているようでしたら、以下の点を守って資金投入することを推奨します。

  • ガチの余剰資金でやる!!
  • ”少しずつ”資金を投入する!!
  • 短期トレードはやらない OR 株式で代用する!!

まとめ

本記事では、ビットコイン(暗号資産)売買の怖さについて述べてきました。

しっかりと特性やルールを理解してから考えましょうね!!

まとめ

結論、ガチの余剰資金でやろう!もしくはやらない!

100万円とか余裕で減る!

税制面で不利!

どうしてもやりたい場合は少額で!

ビットコイン(暗号資産)の税制

雑所得に分類される!

損益通算できない!

繰り越し控除ができない!

ビットコイン投資(投機)のコツ

ホントになくなってもイイ「ガチの余剰資金」でやる!

暴落時に”少しずつ”買い込んで一生ホールド!

短期トレードは相関が高い株式で代用する!

何度でも言います!!👇

繰り返しになりますが、ビットコイン投資(投機)などしなくても、十分に老後資金は形成できます。

あなたが「持たざるリスク」を考えているようでしたら、以下の点を守って資金投入することを推奨します。

  • ガチの余剰資金でやる!!
  • ”少しずつ”資金を投入する!!
  • 短期トレードはやらない OR 株式で代用する!!

最後に…

あべし 左

“Time is Life”が浸透して欲しい!!この想いがあなたに届きますように…。

それでは、また次の記事でお目にかかります!Have a good time!!

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!あなたのワンクリックが励みになります!🙌🙌

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村