帝国ホテル探検隊:「嘉門」 最高の鉄板焼きはココです。

“Time is Life”

あべし①

こんにちは、あべし(@abec_times)です!

“Time is Life”が浸透して欲しい!!

この想いがあなたに届くことを願って、活動を続けています!

あべしのプロフィールはコチラをご覧ください!

電球

この記事はこんな方におすすめです!!

  • 美味しいモノを食べたい!
  • 帝国ホテルのおすすめを知りたい!
  • 実際に行ってみた感想を知りたい!
記事のサマリー

帝国ホテルの「鉄板焼き 嘉門」行ってきた!

最高クラスの鉄板焼きを堪能できる!

一生の思い出になるから行ってみて!

嘉門ってどんなお店!?

嘉門を一言で表現するならば、あべしはこう答えます!

「一生記憶に残り続けるお店」
  • 最高の味
  • 最高の雰囲気
  • 最高の思い出

これらすべてが揃っている鉄板焼きです。

「喜び」「良き事」を表す「嘉」と、素晴らしい料理と人々に出会える入口の意味をこめた「門」を合わせた「嘉門」。1993年に開店し、2018年春にリニューアルオープンいたしました。

コンセプトは「和魂洋才」。フランス料理の技術や知識を活かしながら、おもてなしの心を日本の食文化である鉄板焼に活かします。

帝国ホテル「嘉門」ホームページより

公式の動画があります!
カッコイイ…。

上品な看板を背に、ゴージャスな通路を通り抜けます。

そう。ココは帝国ホテル。

これくらいの装飾は「当たり前」なのですね。

正面のカウンターには、日本の古来から伝わる染色技法である墨流しと、西洋の技法であるエッヂングガラスを用いた壁画を配し「和」と「洋」を表現。 照明を効果的に使い「光」で分けた圧迫感のないプライベートで、会話や料理を楽しむ特別な時間をご提供いたします。

帝国ホテル「嘉門」ホームページより

なんと美しい。言葉が出ません。

言葉では表現するのがためらわれる「美」

まるで、美術館を訪れたようです。

「食」という芸術を堪能する意味では、的を射た表現かもしれません。

席に案内されると、そこには光り輝く鉄板が!

ココで最高の素材が調理されるんですね。♬

ワクワクが止まりませんっ!!

いざ、実食!!

今回あべしがいただいたのは、嘉門さんのおすすめランチメニュー「桔梗門」

お値段10,000円で、日本最高のランチを堪能することができます。

ランチとしてはかなりの価格ですので、特別なときに訪れたいお店です。

ぜひ、あなたの大切な方と一緒に、最高のひと時を味わってみてください!!

コースの概要は下記の通りです。

  • 前菜
  • 魚料理
  • 肉料理・焼野菜
  • デザート・コーヒー
  • ご飯・味噌椀(お味噌汁)・香の物(お漬物)

詳細の一例がコチラ。

本当に申し訳ないのですが、最上級の味と雰囲気を楽しむことに集中し過ぎました…。

あまり画が多くありませんが、可能な限り言葉で表現していきますね!!(←伝われっ!!)

素材はどれも至高のモノを提供してくださいます!

調理前に、シェフから説明がありました。(←素人なので、ただただすごいんだなという感想でした。笑笑)

季節・時期に応じて素材が変わりますので、事前にリサーチを行うことをおすすめしますよ。(^^)/

まあ、いつ行っても最高なことには変わりないので、行ってからのお楽しみとしてもイイかもしれません。(*´ω`*)

帝国ホテルのスタッフは間違いなく「一流」です。真心を感じる、最高のサービスを提供してくださることでしょう。

帝国ホテル「嘉門」のホームページにて、想像を膨らませるだけでも楽しいかと思います!

前菜

「これから最高の食事が始まるんだな」

そう思わせてくれる前菜です。

見た目から楽しませてくれる!なんですか、この色鮮やかな前菜は!

盛り付けにも妥協しない、職人の業ですね。

「料理は味だけではない」ということを教えてくれているようです。

さっぱりしたソースと旬の野菜の相性は、「抜群」の一言。(あべしごときが評価してしまってごめんなさい。笑笑)

瑞々しい、シャキシャキとした音が口の中から聞こえてきます。♬

そして、エビのぷりぷりとした触感がまた楽しい。次の一口を誘うようです。

目の前では、次の魚料理の準備がされています。

口のから聞こえる爽快な音と、眼前から聞こえる魚が調理される音・香り。

シェフの流れるような手さばきに目と心を奪われながら、「コレは序章なんだ」と再確認します。

気が付けば、完食。

これほど野菜に向き合ったのは、初めての体験かもしれません。

魚料理

魚?どこにあるんだ??

安心して下さい。ほら、ちゃんと下にあるでしょう??(ごめんなさい。食事に集中し過ぎて、画が撮れていませんでした…。)

「本日の魚は、『スズキ』です」

食欲をそそる香りと共に、シェフが説明してくださいました。

しかし、正直アタマに入ってきません!

コレが「お預け状態」ということですかっ!!!

早く…。お願いですから…。

「ごゆっくりお楽しみください」というセリフが、完全に「よしっ!!」に聞こえました。

上に載っている黒いプレートは、イカ墨とガーリックをなんやかんやしてオシャレにしたものです。笑

さらにその上には、菜の花・インゲンなど。

周りのソースは、なんと海苔だそうです!!

イカ墨プレートを一片かじってみると、濃厚なバターのような味が口一杯に広がります。

「これはゼッタイに魚と合う!!」(←当たり前か…。笑)

確信を持って、スズキに箸をつけます。

白身がふわっふわっ。皮がパリッパリッ。

箸先で分かる、この感触…。

「早く食べたい!!」

この気持ちを必死に堪えて、最大限TPOにを考慮した所作で口に運びます。(←頑張りました…。笑)

箸先で分かった気になっていました。

ふわふわ食感。パリパリ食感。そして、イカ墨プレートのサクサク食感。

楽し過ぎるっ!!

口に広がる白身魚と濃厚な味…。

あべしが真剣にスズキと向き合っているのにも拘わらず、それを嘲笑うかのようにフィレ肉・野菜が、手術台に上がろうとしています!!

この空間、もしや最高か??

アタマワルイことを考えながら、この瞬間を楽しむことを最優先。

肉料理・焼野菜

  • お肉
  • エリンギ
  • ナス

まずは、そのまま口に運びます。

「お肉が柔らかいのは当然」と言わんばかりの上品さです!肉の繊維が咀嚼をまったく阻害しません!!

肉のうまみがじんわ~り広がっていきます。

アブラの少ないフィレ肉なので、非常に食べやすい!

次の一口が待ちきれません!

ご飯との相性も抜群!お味噌汁、お漬物にも箸が伸びてしまいます!!

次の一口は岩塩をつけることに。普段使っている塩と全然違います…。肉とのベストマッチ!(※あべしは岩塩が一番好きでした!!)

トゲのない優しい塩味が、肉のうまみをより一層引き立てます!!

醬油ダレは適度な甘さがあって、また違うアクセントを楽しめます。

わさび・おろしってお肉と合うんですね…。和風な感じがとってもイイです!

ガーリックフライはもう定番のお供ですよね。

そのままご飯に乗せてもヨシ!お肉に乗せるともっとヨシ!

箸休めに焼野菜で小休止。

ナスには肉味噌が乗っていて、エリンギには岩塩が非常に合いました!

お肉と一緒に食べてもイイですが、単品で食べて十分に楽しめます。

お肉一色となった口の良いアクセントでした!

あまりにもご飯が進んでしまい、この時点でお茶碗はからっぽ…。

お代わりを勧められましたが、今日の主役はあくまでもお肉なのです…。

断腸の思いでご辞退申し上げました…。

デザート

  • 季節のフルーツ
  • 抹茶のティラミス
  • サンドアイス
  • コーヒー・紅茶

これほど食事に全力で向き合ったのは初めてでした…。

「全力で味わう」

エネルギーを補給しているはずが、エネルギーを放出しているのではと錯覚します。

そんな気持ちを安らげてくれる、デザート。♬

鉄板でお茶をすすった後、近くのカフェに案内されて暫しの休息…。

コースの感想を語り合う時間もご用意いただいているようです。

と、油断している場合ではありませんでした!

このシャインマスカット、採れたてですか?

超フレッシュ!!

山梨県出身のあべしが、そう思ってしまうような鮮度。

いや、ホントに。(←祖父がブドウ農園やっていたので、味の善し悪しは分かります。)

ラズベリー・ブルーベリーの甘酸っぱい味で、さらにご機嫌に。♬

ココは帝国ホテル・嘉門。

まだ終わってはいませんでした。

そう。

帰るまでが遠足。

帰るまでが食事。

家に着くまで、もう油断はしません!

ティラミスとアイス、どちらから食べるか悩むことに。

冷たさが持続するティラミスを最後のお相手にすることにきめました!!(器もイイモノを使っているみたいですね!)

アイスの冷た~い甘さと、コーヒーの温か~い苦さって相性最高ですね!

ティラミスともマッチしていて、最高の食後タイムを味わうことができました!!

もう、ずっとココに居たいくらい…。

アクセス

嘉門は帝国ホテルの本館17階に店を構えています!

ホテル内に入ってからの方が迷うかもですね。笑

正面エントランスから入ったら、すぐに大階段とフラワーアレンジメントが目に入ります!

大きなシャンデリアもあり、一見の価値ありです!無意識にスマホを取り出していました…。笑

階段を通り過ぎて右手側にエレベーターがありますので、そちらからアクセスするのがスムーズです!!

お店の詳細は以下の通り。

現在の営業時間は下記の通りです。※あべし執筆時

  • 昼食 11:30~14:30(ラストオーダー13:30)
  • 夕食 17:30~22:00(ラストオーダー21:00)
  • 定休日 毎週火曜日(祝日は営業)

繰り返しにはなりますが、事前予約は必須と考えてください。

電話か帝国ホテル「嘉門」のホームページより予約できますので、興味を持たれた方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

公式の予約ページはコチラ

ステキな「食の旅」を堪能できることでしょう。

最後に…

あべし 左

“Time is Life”が浸透して欲しい!!この想いがあなたに届きますように…。

それでは、また次の記事でお目にかかります!Have a good time!!

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!あなたのワンクリックが励みになります!🙌🙌

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村