ポモドーロテクニックってなに!?100均タイマーで時間効率100倍!時間効率向上の最強道具!!

“Time is Life”

あべし①

こんにちは、あべし(@abec_times)です!

“Time is Life”が浸透して欲しい!!

この想いがあなたに届くことを願って、活動を続けています!

あべしのプロフィールはコチラをご覧ください!

電球

この記事はこんな方におすすめです!!

  • 時間を効率的に使いたい!
  • 仕事を効率的にこなしたい!
  • タイマーの有用性を知りたい!

100均タイマーで時間効率は爆上がりする!!

結論から言うと、タイマーを用いることで時間の効率は爆上がりします。

なぜなら、タイマーが時間を区切る役目を果たし、曖昧に過ごす時間が減るからです!

これからタイマーを使う習慣を身に着けたいと思っている方は、まず100円ショップに行ってタイマーを買うところから始めましょう!

少しずつ、タイマーを使うことに慣れてきたら、自分に合ったタイマーを探すとイイと思います!!

なぜタイマーを使うと時間効率が向上するのか!?

  • モチベーションを保つ
  • 外部からの気付きを与える

タイマーを使用することで、上記を得ることができます。それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう!!

モチベーションを保つ

モチベーションを高く保つことは、作業効率を上げるのに重要です。

時間を明確に区切り、タイマーで設定した時間内はタスクに集中するということで作業効率を高めることができます。

タイマーが鳴るまでは他のことを考える必要がなくなるので、必然的に全リソースをタスクに注ぐことができます!!

また、設定した時間だけ集中すればよいので、タイマーが鳴るまでというゴールがあります。

そのため、モチベーションを維持しやすいのです。

学校のチャイムをイメージすると、分かりやすいかなと思います。(^^♪

加えて、時間が制限されているというプレッシャーから、時間の濃度が向上します。

タイムリミットまでに終わらせるという圧力が、作業効率を上げるのです!!

ところで、時間術に、ポモドーロテクニックというものがあります。

ご存知ですか??(ちなみに、あべしはこの記事を執筆するまで名前を知りませんでした。笑笑)

ポモドーロテクニックとは、1980年代に考案された時間管理術です。

時間効率を向上させるのに、役に立ちます。(^^)/

詳細は後述しますが、タイマーを用いてタスクを行うことはポモドーロテクニックの一部を実践しているということになります。

名称を知らずに実践していたという方が多いのではないでしょうか??笑笑

後ほど、ポモドーロテクニックの手順を記載しておきます。

一度実践してみてはいかがでしょう?

ちなみに、あべしはこの記事をポモドーロテクニックを実践しながら書いています!!

確かに集中できる!!(^^)/

外部からの気付き

外部からの気付きを与えてくれるという点もタイマーを用いる魅力の1つです。

作業に集中しすぎて次のタスクを忘れていたら本末転倒ですよね??笑笑

特に、自分以外の人と仕事・打ち合わせをするとなれば時間に遅れることは致命的です!!

次タスクの備忘としても、タイマーは役に立ちます。

「タイマーが鳴ったら、これをする!」というように決めることで、作業漏れを減らすことができますよ。♬

また、外部からの気付きは、時間の使い方を客観視することにも効果的です。

自分がどの作業にどれほどの時間をかけたのかが分かります。

余裕があれば、タスクにかかった時間を記録していくのも面白いかもしれませんね。♬

どのようにタイマーを使えばよいのか!?

実践すれば分かると思いますが、タイマーを用いると作業効率が爆上がりします!

しかし、あべしはそれを1度で終らせて欲しくない!!

タイマーを使用する習慣を身に着けていきましょう!

あべしがタイマーを習慣化するために、実際に行った方法を共有します!!

タイマーを使う習慣をつけよう!!
step0:部屋のいたるところにタイマーを設置する ※最重要

step1:時間を計ることに慣れる

step2:タスク管理に使う

step3:作業時間を計る

step4:時間術を身に着ける

上記のように、少しずつ習慣にしていくとイイと思います!

step0:部屋のいたるところにタイマーを設置する

あべしは、タイマーを使うことに対するハードルを下げるということを最も重視しています!!

タイマーを使いやすい環境を整備しましょう!

タイマーを持ち歩くのもイイですが、あべしはその方法で挫折しました。

いつの間にかタイマーがどこかにいってしまって、探すのが面倒になってしまいました…。

お恥ずかしい…。(*´ω`*)

そこで、あべしが推奨したいのが、「部屋のいたるところにタイマーを設置する」です。

一見するとアタマワルイ方法です。

しかし、自分がよくいる場所にタイマーを置くことで自然とタイマーに手が届くようになります。

  1. 机の上
  2. ベッド
  3. お風呂場
  4. ソファー周り

上記4か所が、あべしのタイマー設置場所です。笑笑

部屋のいたるところにタイマーを設置したことで、タイマーを使うことに対する物理的・精神的なハードルが下がったと実感しています。(^^)/

step1:時間を計ることに慣れる

タイマーを使う頻度を上げていきましょう!

  • タイマーを使うことに慣れる
  • タイマーを使うハードルを下げる

このstepでの目的は上記の2つです。

自然とタイマーに手が伸びるトコロまで習慣化することが目標です。

どんなに小さいことでもイイので、とにかくタイマーを使ってみましょう。

  • 目覚まし
  • お風呂タイム
  • 昼休憩

あべしは、上記の3つでタイマーを使うことに慣れました。笑笑

step2:タスク管理に使う

日常生活から、職場への応用を目指しましょう!

通常の生活においてタイマーを用いるだけでも、時間効率は爆上がりします。

しかし、仕事に応用できれば、時間効率向上の効果は計り知れないです!!

まずはその入り口として、備忘という用途で使ってみましょう。

次のタスクが始まるまでの時間を設定し、タイマーが鳴ったらタスクを始めるという使い方です。

時計を確認する必要がなくなります。

タイマーが鳴るまでは好きな作業を進めることができるので、精神的な負担が軽くなります。

ココでの目標は、仕事でタイマーを用いることに慣れるということです。

step3:作業時間を計る

仕事でタイマーを用いることに慣れたら、その効果をより高いモノにしていきましょう!!

具体的には、「30分以内に○○というタスクを終わらせる」という目標を設定し、業務に取り組むとイイです!!

本来のデッドラインとは別に、自分で時限を設定しているのでプレッシャーがかかります。

そのため、ダラダラとタスクに取り組むことなく、効率的に業務を進めることができますよ。

仕事がデキル人という評価、間違いなしです!

step4:時間術を身に着ける

ココまでで、ある程度タイマーを使うことに慣れてくるはずです。

より高い効果を得るために、タイマーを使った時間術を身に着けていきましょう!

具体的には、冒頭に記載したポモドーロテクニックを実践してみるのがよいと思います。

ちなみに、ポモドーロとは、イタリア語でトマトの意味です。

ポモドーロテクニックってなに!?

ポモドーロテクニックという単語を聞いたことがあるでしょうか!?

時間術の1つで、きわめて有効とされているテクニックです!

ポモドーロテクニックとは??

1.達成しようとするタスクを選ぶ

2.キッチンタイマーで25分を設定する

3.タイマーが鳴るまでタスクに集中する

4.少し休憩する(5分程度)

5.ステップ2~4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する(15分~30分)

上記の1~5までを「1ポモドーロ」と定義します。

途中で急用が入り、タスクが中断された場合は最初からやり直しです。

他のことをしたくなってタスクを中断した場合は、そもそものタスク設定が適切でないということを意味します。 ※「内的中断」という

自分なりにアレンジして実践していくのもイイかと思います。

先程も言いましたが、あべしはこの記事をポモドーロテクニックを実践しながら書いています!!

超集中できますよ!!

どんなタイマーを使えばよいのか!?

どんなタイマーを使えばよいのかという疑問があるかと思います。

結論から言うと、時間を計って知らせてくれる機能があれば、なんでもOKです。

しかし、強いて言えば、下記の点を考慮するとよいでしょう。

  • 使いやすさ
  • 安さ
  • 持ち運びやすさ(職場の場合)

ただし、スマートフォンで代用することはおすすめしません!

なぜなら、スマートフォンには他の機能があり過ぎるため、集中力を乱す原因となるからです!!

なるべくタイマー機能だけのモノがイイと思います!!

使いやすさ

タイマーを使うことが苦にならないということが最も大切です。

なので、使いやすさは重視しましょう!

重視しましょうと言いましたが、実際に使ってみてストレスなく使えることができればイイと思います。

前提として、使いやすくないタイマーが市販されていることはまずありません。

というか、使用感の違いなど誤差の範疇です。

あべしのようにタイマーを複数所持する場合は、いろいろな種類を試してみるとよいでしょう。

安さ

あべしは、「部屋のいたるところにタイマー設置する」という方法を採用しています。

ということは、タイマーを複数個持っているということです。

流石に、高額なモノを複数持つということは、お財布が許してくれませんでした…。笑笑

なので、部屋に設置しているタイマーはすべて100均のモノです。笑笑

実際、タイマー機能としては十分なので、不便を感じたことはないです…。笑笑

インテリアや性能を重視したい方は、もう少しお金をかけてもイイかもしれませんね。(^^♪

オシャレなタイマーを使うと、さらにモチベーションも上がるかもしれません。( *´艸`)

持ち運びしやすさ(職場の場合)

職場でずっとデスクに座っているということはないですよね??

仕事の中心は自席でも、出歩く機会もある程度あると思います。そんなときに、持ち歩きやすいタイマーは何かと便利です。

自分が席を離れている間に、タイマーがずっと鳴っていると周りの人の迷惑になりますよね。(あべしも何度かやったことがあります。笑笑)

職場で使用するには、持ち歩くことも視野に入れたほうがイイと思いますよ。(^^♪

なので、あべしは部屋に設置するタイマーとは別にもう1つ持ち歩き用のタイマーを所持しています。

おすすめのタイマーは!?

結局、どんなタイマーを使えばイイのか!?

あべしのおすすめするタイマーを簡単にご紹介します!!

別記事にて、おすすめタイマーについて詳細に記載します! ※執筆中

よろしければご参考にしてくださいね。♬

100均タイマー

結論から言うと、100円のタイマーで十分です!!

なぜなら、時間を計ることさえできればよいからです。

冒頭にも言いましたが、これからタイマーを使う習慣を身に着けたいと思っている方は、まず100円ショップに行ってタイマーを買うところから始めましょう!

仮に挫折してしまっても、100円ならイタクナイですよね。(^^)/

少しずつ、タイマーを使うことに慣れてきたら、自分に合ったタイマーを探すとイイと思います!!

タニタタイマー「TD-370N」

あべしはタイマーを職場でも使用しています!!

あべしが職場で用いているタイマーが、タニタの「TD-370N 」というタイマーです!!

  • コンパクト(25グラム、5センチ程度)
  • ストラップ付き
  • バイブレーション機能付き

1,300円程度のお値段ですが、上記の3つの特徴があり、愛用しています!!

特に、バイブレーション機能は職場で用いる場合に重視したほうがイイと思います!!

カラーバリエーションも、ピンク・ブラック・ホワイトと豊富なので、お好みに合わせて是非。笑笑

まとめ

本記事のまとめです。

  • タイマーを使うと時間効率は爆上がりする!
  • 少しずつ、タイマーを使うことに慣れる!
  • おすすめの時間術はポモドーロテクニック!
  • 100円タイマーで十分!
ポモドーロテクニックとは??

1.達成しようとするタスクを選ぶ

2.キッチンタイマーで25分を設定する

3.タイマーが鳴るまでタスクに集中する

4.少し休憩する(5分程度)

5.ステップ2~4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する(15分~30分)

道具と環境を整えたら、あとはあなた次第!頑張っていきましょう!!

最後に…

あべし 左

“Time is Life”が浸透して欲しい!!この想いがあなたに届きますように…。

それでは、また次の記事でお目にかかります!Have a good time!!

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!あなたのワンクリックが励みになります!🙌🙌

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村